2010年10月21日

小学生の挑戦「鎌倉」

全国のバスガイトの皆様お久しぶりです。
修学旅行の季節がやって来ました。
今日は・・・正に今日鎌倉に修学旅行に行っている
静岡県袋井市の小学生の挑戦をご紹介します。
先ずは昨日読者の方から頂いたコメントをご紹介。
http://nisimura.hamazo.tv/e2677311.html
今鎌倉にいるバスガイドさん!
貴方の近くに その小学生がいるかも!?
話題にしてみては如何だろう?
また近々 東名高速道路 袋井周辺を走るバスガイドさん達ぃ〜
袋井と言えば遠州三山(尊永寺・油山寺・可睡斎)とメロンの栽培が有名だが
今日は静岡県袋井市三川 友永にある曹洞宗のお寺 積雲院の話しをしてみては如何?
http://www.hellonavi.jp/hukuroi/shisetsu/1730.html
朝長の家来 大谷の忠太(おおやのちゅうた)が
さらしものなった御曹司の首を命懸けで京 六条河原から運び
自分の故郷に人知れず祀って守り通した その思いが伝わってくる。
この寺が有名でない理由も その為ではないだろうか?

積雲院には朝長の父 義朝や兄 義平の碑もあるらしいが
大垣で離れ離れになった親兄弟と共に祀ってやりたいという
後世の人の思いも伝わってくる。
地名の友永が朝長から付いた事にも感慨深い。
源頼朝はここに兄の首が祀られている事を知っていただろうか?
もしかすると征夷大将軍となり京に上る途中に
この地を訪れ手を合わせているかも知れない。
posted by KANCHI at 10:49| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。