2007年01月20日

バスガイドさん この春

この春 新しくバスガイドさんになる貴方!全国に何人ぐらいいるのかな?

今日はそんな新人バスガイドさんのために 「」 の話しをします。
第一弾は 「 カラオケ 」 の話し。
貴方は 「 歌 」 が得意? KANCHIは歌手並みだけど・・・仕事ではあまり歌わないバスガイドでした。 「 歌 」 より 「 話 」 が得意かな・・・?

お客様に 「 上手い 」 と誉められて何曲も歌うガイドはお粗末だと思よ・・・
とくにカラオケの場合は・・・・・KANCHIは2曲までと決めていた。
特別な場合を抜いては。
出来る事なら 「 歌わない 」 なるべく 「 お客様に歌って頂く 」 ・・・それが鉄則かな。

これからバスガイドさんになる人は 「 持ち歌 」 を決めて置くと良いですね。
歌いたい歌は いろいろあるとは思いますが 1曲目は出来れば昔から皆が知っている 「 古い歌 」 特に 「 演歌 」 がいいね。大衆受けするヤツ。

「 北国の春 」 とか・・・・

お客様に 「 歌って下さい 」 って言われてから探すのではこれまた 「 お粗末 」
待たせた上に 「 下手 」 だったり 「 知らない歌 」 だとしらけてしまうから・・・ねっ。
1曲目は 「 古い演歌 」 2曲目は 「 好みの歌 」 がいいかな?自分らしさが出るヤツ。でも最新の歌は止めた方がいいです。
最新はお友達とカラオケに行った時に思い切り歌って下さいるんるん

演歌はお年寄りから小学生まで・・・受けますよ!便利です。
言葉の通じない外人さんにも 「 北国の春 」 で喜ばれた事があります。
「 演歌 」「 カラオケ 」 は日本の文化ですから・・・・わーい(嬉しい顔)

KANCHIの同期に札幌出身の子がいて、その子は「恋の町札幌」が 持ち歌 でした。「私の故郷の歌を歌います。」とか言ってね・・・
先輩に新潟出身の人がいて「十日町音頭」だった・・・皆に「十日町」ってあだ名で呼ばれてました。
持ち歌が自分の個性にって楽しいですよ。

おそらくバス会社に入社すると研修期間に 「 歌 」 の勉強もします。
定番 「 東京のバスガール 」 とか、ご当地ソングとか・・・。
バス会社によっても違うとは思いますが・・・ただ 「 カラオケ 」 で 「 演歌 」 の練習はしないと思うね・・・わーい(嬉しい顔)
それに勉強する事が多すぎて 「 歌 」 まで気が廻らない場合が多いです。
歌の歌詞に 「 地名 」 の入った ご当地ソング は常に自分でチェックして置かないとね。いざと言う時 役立ちます。
「 長良川艶歌 」 とか 「 矢切の渡し 」 とか限りなく有ります。
お客様と一緒に歌うって言うのも手ですね。

「 カラオケ 」 を使わずに 「 アカペラ 」 で歌うのもいいですね。
次回は 「 歌の話し 」 第二弾 を書きます。


posted by KANCHI at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31741546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。